待合室が広いとすごくありがたかったりします

fujinka4
不妊治療のために、産婦人科に通っていた経験があります。

不妊治療は、様々な治療の中でも本当に精神的に辛い治療の一つです。

いつ赤ちゃんが授かるかわからない、暗闇の中での治療な上、痛みを伴う検査も多い。服用する薬によっては体調不良も引き起こします。
さらに、自分一人のペースで治療を進められないこともあり、パートナーとの関係も難しかったりして
不妊治療には良くないストレスも貯まってしまいがちです。

そんな気持ちを抱えた不妊治療の患者さんが辛い空間の一つが、産婦人科での待合室です。
不妊専用クリニックなら大丈夫なのですが、妊婦さんもいる場合には、時に、妊婦さんの幸せそうな笑顔や大きなお腹を見るのがすごく精神的にきついことがあるのです。
さらに、その妊婦さんが1人目の子供を連れていて、子供と楽しそうに過ごしている姿を見ると、なぜ私には1人も赤ちゃんに恵まれないのだろうと、悲しくなってしまこともありました。

不妊治療も妊婦健診も同時に行う産婦人科クリニックでは、待合室にゆとりと広さがあり、患者さんが自分のペースでゆとりを持って診察を待つことができると、すごくありがたいのに、と何度も思ったのを覚えています。

広い待合室は、つわりがひどくて匂いに敏感になっている妊婦さんや、小さい子供がじっとしていなくて対応に困っているママさんにも優しいと思うのです。

広くてキレイな待合室のあるクリニックは、それだけで患者さんへの心遣いになっていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です